湯けむりただよう源泉の味わい

昭和の時代に存在した古賀湯は枯渇により閉鎖に追い込まれ、その後数十年の時を経て、同地に長生の湯と言う名で新たな湯処として再出発を始めました。 長生の湯の建物は、昭和の初期から使われていた木造の倉庫の骨組みをそのまま使用しており、自然素材を中心に全体をまとめあげることにより、まわりの自然との一体感を作り出しております。

いつの時代も人々は自然の中に心のやすらぎを求め、そして新たな活力を見出だしていくものです。 しばし時間を忘れ本物の温泉に身をゆだね、心と体を癒しの境地へとむかえいれてみてはいかがでしょうか。

緑の木立の中にひっそりとたたずむ
遠い昔を回想させるような建物

昭和の初期より丹念に育て上げられた紅葉の木々を背景に、
施設全体が手つかずの自然に取り囲まれているかのような落ち着いた空間。

最近のお知らせ

長生の湯からのお知らせです。今現在の温泉の風景や季節の移り変わり、お客様との記録など更新しています。

秋の長生の湯がもうすぐ見頃です。

海というイメージの白浜温泉とは対照的に、緑に囲まれた長生の湯は、 昭和...

秋の長生の湯がもうすぐ見頃です。

季節の移ろいを感じる贅沢な時間

春、夏、秋、冬。季節の移り変わりに合わせてその装いが変化します。 特に...

季節の移ろいを感じる贅沢な時間

風呂上がりにどうぞ。絶品ラーメン

和歌山はしょう油発祥の地であり、ラーメンもやはりしょう油ベースとした...

風呂上がりにどうぞ。絶品ラーメン

内風呂でのんびり癒されます。

浴槽には石を敷き詰め内壁には紀州の杉材を全面に貼りつめ全体を自然素材で...

内風呂でのんびり癒されます。